人を知る。

センシンソフトの自慢は「人」です

当社は、同規模のソフトハウスと比べても高い技術力を持った社員が多く在籍しています。
また、それだけではなく社員同士の仲もとても良いです。
これは、ソフトウェア業界の企業としてはとてもめずらしく自慢できる特徴だと思っています。
このページでは、なぜ当社はこのように自慢のできる社員が集まっているかを知ってほしいと思います。

自分を磨くことができる人たち

当社の社員はまじめで勉強熱心です。
習得したい言語など、それぞれの目標に向かって自分を磨いていくことのできる社員がたくさんいます。
この社員の姿勢があるからこそ、センシンソフトの技術レベルはお客様からも高い評価をいただけるのだと考えています。
もちろん、入社時から高いスキルを持っていた者ばかりではありません。
中には未経験で入社し、ひたむきに業務に取り組んできた甲斐あって今では立派に活躍している社員もいます。

育てることができる人たち

当社には教育体制というものは存在しません。
なぜなら、技術面でわからないことがあっても上司や先輩社員に質問しやすい雰囲気があるからです。
それでも、入社時には経験の少なかった社員が立派に育ち活躍しています。
このようなことが可能なわけは、社員の「育てる姿勢」にあります。
「人を大切にする」という社風に共感して入社した社員が多いからか、後輩に対しても「指導は丁寧に根気良く」という風潮があります。
だからこそ、経験のない言語でもチームに参加し着実に学んでいくことができるのです。

生き残れる技術者になるために

もちろん、向上心と積極性を持って仕事に取り組む「学ぶ姿勢」は求められます。
しかし、先輩の指導を聞き入れる素直さを持ってがんばっていけばその努力は必ず実力となって現れてきます。
あなたも、自分の腕一本で生きていけるぐらいの技術を当社で身につけてほしいと思います。

社員の仲がいい理由

ソフトウェア業界では社員がそれぞれの出向先で働くという就業形態が多いため、たとえ同僚であっても、同じチームでなければお互い疎遠になりがちです。
そんな中、当社は社員同士の関係を向上させるために会社として催しているイベントがあります。
例えば会社の食事会。
この食事会は、社長や他ロケーションの社員との交流ができる場であり社員にも大変好評です。
親睦会主催のオリエンテーリングもあります。
その年ごとの親睦会委員が企画し、秋の週末に開催しています。
情報や意見の交換をしたり、うち解けて語り合ったりとリフレッシュのための良い機会となっています。
任意参加にも関わらず出席率は高く当社の社員同士の繋がりを象徴しているひとつの例だと捉えています。

 

社員の声

ほんの少しですが、ここで「社員の声」をご紹介したいと思います。

 

大戸 悠平(入社4年目)
前職:Linux環境におけるサーバの運用、監視業務

いま、どんなお仕事を?
『某企業様の販売管理システムと購買管理システムに携わっています。未経験の状態からプロジェクトに参加させて頂き、約4年間参加させて頂いています。今では設計~試験工程まで幅広く業務をしています』
入社のきっかけは?
『開発経験がなく不安を抱えながら転職活動を行っておりました。人を大切にしてくれる会社という話を聞き、入社面接をさせて頂きました。入社面接では温かい雰囲気で、私も落ち着いて話をすることができ、ここでなら自分も成長することができると感じることができたことが入社への決意へ繋がりました』
入社後に自分で変わったと思うことはありますか?
『入社前はネガティブ思考になりがちでした。仕事を通して様々な経験を積むことで自信がつくようになり、仕事だけでなく何事にもポジティブに考えることができるようになったと感じています』
新たに入社される方にメッセージを!
『技術力や経験がなくても意欲さえあれば必ず成長することができると思っています。私自身もまだまだ経験不足です。開発がしたい!技術を身につけたい!という意欲のある方と一緒に仕事をすることで、お互いに成長していくことができれば嬉しいです』



北本 康裕(入社1年目)
前職:DCのネットワーク監視、および運用業務

いま、どんなお仕事を?
『自動音声ガイダンスシステムのテスト工程に携わっています。現場リーダーや専任の方々がとても親切で、さまざまなことを学びつつ、より貢献できるよう日々頑張っています』
入社のきっかけは?
『当時、インフラ系のオペレーション業務を行っていたのですが、もともとプログラマー(PG)として活躍したいという思いがあり悩んでいました。
面接の際、社長にエンジニアの為になる、やりたい案件を採ってくると仰っていただき、ここでなら安心出来ると思い入社を決意しました』
入社後に自分で変わったと思うことはありますか?
『学ぶことが多く大変だと感じることもありますが、先輩方にご指導いただいており、今後の仕事に対して今から楽しみを感じれるようになったのが、まずは大きな変化だと思います』
新たに入社される方にメッセージを!
『私もまだまだこれからの身ではありますが、共に切磋琢磨しあい一歩ずつ前に進んで行けるよう頑張っていきましょう』


荒木 大(入社10年目)
前職:小売業向けのヘルプデスク、およびシステム保守

いま、どんなお仕事を?
『コールセンター向けのインバウンド/アウトバウンド(架電業務)システムの構築プロジェクトに携わっています。非常に雰囲気の良い現場ということもあって、足掛け6年の、いま第8期刷新となりました』
入社のきっかけは?
『その当時仕事で悩んでいたのですが、当時の社長(現会長)が相談にのってくださって。入社面接のはずなのに、入社を促されず「よく考えなさい」と(笑)。本当に親身になっていただいているのが分かり入社を決意、今にいたります』
入社後に自分で変わったと思うことはありますか?
『自分自身以前から、一期一会といいますか、いろんな現場で出会った人たちとの繋がりを大切にして、それを仕事にも活かしていきたいと考えています。そういう意味では”変わった”ということではありませんが、当社に身を置いてさらに洗練されたとは思います』
新たに入社される方にメッセージを!
『その時その時の仕事に対してしっかりと向き合える、すごく重要な基本だと思いますし、そういう方は素晴らしいと思います。まさにセンシン(専心)ですね(笑)。ぜひ一緒に仕事をしたいと思います。いろいろな悩みも会社含めて一緒に考えていければよいですね。これは自分も常に心掛けていることです。結果として会社への、あるいは日々頑張っている社員方、そして新しく入社される方に対しての有形無形の貢献になればと考えています』

新山 孝幸(入社4年目)
前職:物流業での出荷業務

いま、どんなお仕事を?
『某大手銀行向け情報系システムの構築プロジェクトに参画しています。基本設計から開発に携わり、保守まで一貫して行っています。現在4年目に突入し、7サイクル目になりました』
入社のきっかけは?
『学生時代はIT系の学部だったのですが、他業界に就職したんです。3年ほど経ったときに、やはり学生時にイメージしていたIT業界で働くことをもう一度目指そうという思いが募ってきまして。IT系企業の情報を集めはじめ、センシンソフトのHPを見つけたのが出会いになります。前職まで人に関するいろいろなこともあったりしたので、HP記載の『人を大事にする』というところに目が留まりました。その後社長にお会いし、お人柄からも『人を大事にする』ことが本心であると分かり入社を決めました』
入社後に自分で変わったと思うことはありますか?
『自分は微経験の身ということもあって、業務に参画した当初は受身的のスタンスで、先輩におんぶにだっこという感じだったですね(笑)。ですが、諸先輩からの厳しくも優しいご指導のおかげもあり、今は何事も自ら動き出すよう心掛けるようになりました。意識の変化が大きいというか。今の現場では新規参画者への業務説明なども任せていただいています』
新たに入社される方にメッセージを!
『初めは誰もが不安だと思いますが、センシンソフトは優しい先輩方が多くいますので、その点はご心配なく。自分も今後、お客様からより信頼していただける技術者になるべく努力していきたいと思いますし、その上で新たなメンバーにもきちんと向き合って信頼されるよう意識していきたいと思います。前向きな方と、ぜひ一緒に仕事をしたいですね』

安藤 孝行(入社1年目)
前職:中堅SIerでのシステム開発及び関連作業

いま、どんなお仕事を?
『官公庁系の電子化政策の一環プロジェクトに入って6ヵ月目になりました。詳細設計の修正から入らせていただき、実装、試験工程を経て、いまはリリース前の検証作業に入っています』
入社のきっかけは?
『自分なりの会社を選ぶ際のポリシーというか重要な想いというのがあって、それは会社のメッセージが心に残るかどうかということでした。センシンソフトの面接に伺った際、社長が「少数であるからこそひとりひとりを見ることができる」
とおっしゃった言葉が胸に引っ掛ったんです。単なるメッセージではないと感じ、このことが入社を決めた大きな理由となりました』
入社後に自分で変わったと思うことはありますか?
『大きく変わったのは仕事をより深い姿勢でみられるようになったことでしょうか。現場ではスケジュールもありますし、参画当初は与えられたタスクをこなすのが精いっぱいでした。きっと先輩がウラでタスク調整の交渉をして頂いたのだと思っています。そのおかげもあって半年の経験を経て、業務内容への理解も少しづつ深まってきています。その結果タスク間の繋がりなどが見えるようになりました。いまでは、各タスクの根本的な意味を考えながら作業できていると感じています』
新たに入社される方にメッセージを!
『タスクをこなすことを重視していた自分ですが、よりその中途のプロセスも大事であるということ、見た目の結果だけに焦点を合わせるといい仕事はできないということを仕事で日々学んでいます。会社を選ぶということも、これに似たことかと思っています。自分が重要視するものが何かを大切にして、そしてセンシンソフトに来られる方と共に頑張っていきたいと思っています』