仕事を知る。

技術者のための仕事を

当社が受注する案件では、「技術者のためになる仕事かどうか」という点を重要視しています。
技術者にとっての「いい仕事」とは、その人が携わりたい仕事であったり、将来のためにスキルアップできる仕事だと考えています。
儲けることだけを考えて受注することは簡単です。
しかし、それでは技術者のためにはならない。
このような「技術者のためになる仕事」をできる環境があるのは、当社の方針をご理解いただいているお客様のおかげです。
このページでは、センシンソフトで働くということを知ってほしいと思います。

仕事のやり甲斐と厳しさ

システム開発では、プログラムのたった一行のバグで製品の品質が落ちてしまうということがよくあります。
開発する製品によっては人命に関わる場合があるので、注意深さと根気が求められます。
しかし、案件が完了した時は、やはり、何物にも代え難い達成感を味わうことができます。
社員同士の仲もいいので、存分に仲間と一緒に喜びを分かち合えることもできます。
また、有名な企業の案件に関わることもあるので、開発に参加した製品のテレビCMが流れていたり、店頭で販売されているのを見ると、
自分の仕事の意義をかみしめることができます。

当社で身につくスキル

開発に使用する言語はプロジェクトにより様々ですが、オープン系であればJava、制御系であればC言語を、主として習得できます。
また、担当する案件によっては最新の技術も学ぶことができます。
当社とは、良い関係の常駐先が多いので、経験を積めば開発の上流工程から参画することもできます。
当社で初めて上流工程に関わり、「とても貴重な経験ができた」という社員の声もたくさんあります。

技術力があるだけではいけません

技術面だけでなく、お客様との折衝を通してコミュニケーション(リスニング)スキルや、ヒューマンスキルを身に付けることも技術者として大切なことです。
お客様の要望を正確にくみ取り、形にしていくという本来の目的は忘れずに、一歩一歩、お客様に必要とされる技術者に近づいていけるよう、頑張ってほしいと思います。

あなたが志望するジョブを

出向先での業務が主となるためタイミングによりますが、あなたが志望している案件にきちんと従事できるよう、会社としてもチャンスを用意したいと考えています。
また、出向先で契約した業務外のことを依頼されるなど、何か問題が発生した場合は、会社としてクライアント様と直接交渉することもあります。
なるべく働きやすい環境で仕事をできるよう、私たちが精一杯サポートしていきます。